ToFセンサーボード(SPRESENSE用) | <モジュールやCPUの通販>IoTをお考えならITストア

 
 
 
 
2020年 02月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
今日
2020年 03月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
☆アットマークテクノ社開発者ブログはこちら☆

古物営業法に基づく表記

氏名又は名称:コアスタッフ株式会社

古物商許可番号:

 東京都公安委員会 第305511408430号
 交付 平成26年10月7日

 長野県公安委員会 第481141400027号
 交付 平成26年11月12日

 宮城県公安委員会 第221000001194号
 交付 平成27年1月5日

 大阪府公安委員会 第621060150962号
 交付 平成27年2月17日

トップ > サンハヤト > ToFセンサーボード(SPRESENSE用)

ToFセンサーボード(SPRESENSE用)

ToFセンサーボード「MM-S50MV」はレーザーと複数の受光素子により最大10mまでの高精度3D距離測定と高速サンプリングが可能です。
レーザー光を照射するため暗い場所でも使用が可能で、複数のセンサーを同時に近接使用してもお互いに干渉することはありません。
 

製品特長

●本製品はIFモジュールとセンサーモジュールからなり、2つのモジュール間はFFCケーブルで接続されるため、お互いを離して使用することができます。
●IFモジュールは、SONY製マイコンボード「SPRESENSE」(スプレッセンス)に接続でき、通信はSPI又はUARTのどちらかを選択できます。
●IFモジュール上の端子はソケットになっており、他のSPRESENSE用のモジュールをスタックして使用することができます。
●センサーモジュールには、センサー制御のためのマイコンを搭載しており、「SPRESENSE」とそのマイコンが通信を行い、データを取得します。
●センサーモジュールはSPRESENSEのカメラモジュールと同一基板寸法で、非常に小型です。

 

主な仕様

機能1 ToFセンサー(Broadcom社製AFBR-S50MV85G)を搭載
・SPRESENSE のSPI5 ポート又はUART2 ポートに接続
  ※デフォルトは SPIです。
  ※UART接続の場合、サンプリング速度に制限が掛かります。
  ※ToFセンサーはSPRESENSEから直接制御できません。
・Laser Class 1
機能2 LED
・Full color LEDを搭載しており、コマンドで制御できます。
電源 SPRESENSEより供給
基板サイズ(mm) IFモジュール :20.6×22.86 (t=1.6)
センサーモジュール :25.0×24.0 (t=1.6)
 ※センサーモジュールはSPRESENSEのカメラボードと同寸
付属ケーブル 150mm FFCケーブル
使用環境 5〜40℃ 但し、結露しないこと
保存温度 0〜50℃ 但し、結露しないこと
ソフトウェア仕様 APIを公開予定(※詳細については、後日発表となります。)



※ToFセンサーの性能についてはBroadcom社発行の資料を参照願います。

型名:MM-S50MV

メーカー:サンハヤト

単価: 18,500

在庫数: 残りあと5個